介護派遣のメリットとは

最近注目を集めているのが、介護の派遣。介護の派遣で働くメリットは大きく分けて3つあります。

まず1つ目は、休みが自由に取れるところ。通常介護施設で正社員として働く場合だと、フルタイムの勤務に加えて夜勤もあることがほとんどですし、自分の希望を通すことは中々難しいもの。しかし派遣であれば、自分の生活に合わせたシフトを組むことが可能になります。隙間時間でアルバイトをしたり、もちろん時給の高い夜勤だけに集中してなんていう組み方でも問題なし。時間に余裕が出来るところが、介護派遣の最大のメリットでしょう。

2つ目は、契約期間ごとに勤務先を自由に決められること。派遣に何を求めているかは施設によって様々です。一時的な即戦力を求めている場合もあれば、正社員雇用を前提としているところもあります。この職場は自分には合わないなと思った場合、すぐに変えることが出来るのも大きなメリットだといえます。現場はいざ入ってみないとわからないもの。入ってみて雰囲気に違和感を感じた時でも、スムーズに職場を変更することができます。

最後に3つ目は、残業をしなくてもいいところです。正社員だと、トラブルなどでスケジュールが崩れた場合残業になるのは当たり前ですし、そういうときの残業代はつかないことも珍しくありません。けれど派遣なら、労働者派遣法で勤務可能な時間が決まっているため残業を任されることはほぼないですし、あっても必ず通常の時給よりも高い残業代がもらえます。安定しないといったデメリットはもちろん存在しますが、そこを考慮しても介護派遣には様々なメリットが存在します。介護系のスキルを持っているのなら、ぜひ派遣として挑戦してみてはいかがでしょうか。

———参考サイト———
介護系派遣で働こう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です