介護職の残業事情

多くの介護施設では利用者の数に対してスタッフ数が不足しているため、残業や早めの出勤などで、スタッフ同士で調整して対応している施設も多くあります。法律で定められた介護報酬が施設の収入になるため、サービスに時間を要した場合にも収入は予め決まっています。

食事や身の周りの世話など、通常業務のみならば時間内に終えることができても、コミュニケーションも重視されるサービス業という側面もあり、想定外のトラブルが起こることは日常茶飯事です。トラブル対処に手間取ることもあり、残業で対応するというケースも珍しくありません。そんな中、事業所は収入を確保するために、スタッフの時間外勤務への手当をできるだけ抑えている場合も少なくなりません。

勤務時間に合わせて収入をしっかり受け取りたい方は、アルバイトや派遣として勤務する選択肢をオススメします。介護職の需要の高まりを受けて、介護施設へのスタッフ派遣を行う派遣会社も増えており、様々な働き方を選べるようになっています。派遣スタッフは時給制で、派遣先の施設でも派遣元の社員として扱われるので、残業を避けることは容易になります。派遣先への要望も、派遣会社を通せば伝えやすくなるメリットもあります。

さらに事業所に直接雇用されるパート・アルバイトよりも派遣スタッフは時給も高く、職場を変えたい場合には派遣会社が斡旋してくれるので、次の仕事も見つかりやすくなります。こうした背景を踏まえて自分が何を一番重要視するかを検討し、納得できる雇用形態を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です